採用情報

看護師・助産師 採用情報

看護部紹介

看護部長からのメッセージ

総合上飯田第一病院 看護部長縄田 文子

総合上飯田第一病院は、急性期医療を中心として総合病院としての機能を保ちながら、地域包括ケア病棟を開設。また、得意分野をセンター化してより質の高い医療を提供し、地域の人々から「信頼され愛される病院」の実現に向かって頑張っています。 看護師が専門職として患者さんに信頼されるためには、安全で確かな技術によるサービスや患者さんの立場に立った思いやりのある温かいケアを提供することです。そのために、院内教育の充実、院外研修の参加にも積極的に力を入れています。 また良質な看護をおこなうために、職員一人ひとりを大切に働きやすい環境作りを心がけています。 私たちと一緒に楽しく、生き生きと働きませんか。

当院の研修のポイント

各病棟でOJTを実施し、新人教育委員会が集合研修を行っています。OJTは3年目以上の看護師が新人看護師教育を担当し、一人ひとりに応じた進度を心がけています。集合研修では、NSTや感染症の対応など、多くの研修を企画し、参加していただくことで、スキルアップにつなげています。

指導への姿勢

イエローストラップ制やエルダーナース、ランチョンミーティングなど、新人育成はその人、一人ひとりに合わせて焦らず、じっくりゆっくり進めていきます。

看護部の理念

信頼される温かい看護を提供します。

看護部の基本方針
看護部の役割

本当に求められている看護とは何か、そのことを常に考え、時代の変化を受け入れながら、看護の質の向上に努めます。

ページトップへ戻る