採用情報

看護師・助産師 採用情報

認定看護師紹介

認知症看護専従認知症看護認定看護師松井 千恵
近年、高齢者の増加に伴い認知症患者さんも増加しています。現在、認知症をわずらいながら、他の疾患で入院してくる患者さんはごくあたりまえとなり、今後はさらに増えると考えられます。認知症によって引き起こされる中核症状が、入院によって周辺症状をひきおこし、治療の妨げとなったり、より良い入院生活が送れなくなっている認知症患者さんが多くいます。また、スタッフにいたっても、周辺症状の対応で日々の仕事の負担が多くなったり、他の一般患者さんのケアに対しても支障をきたすことがあります。
そこで、私はDSTチームを立ち上げ、医師・看護師・コメデカルスタッフと共に、認知症患者さん・家族の方に対し、入院から退院までサポートすることでよりよい医療と入院生活をサポートしていこうと考えています。
当院初の認定看護師として頑張り患者さん・家族の方にとってより良い入院環境を造って行きたいと思います。
南館6階病棟勤務 看護主任摂食・嚥下障害看護認定看護師中川 由香
高齢化が進み、入院患者さんのほとんどが高齢者となっています。入院前までは家族と同じご飯を自分で難なく食べていたという方でも、入院により体力の低下や絶食による機能低下などで、摂食・嚥下障害が出現してしまう可能性もあります。また、高齢者でなくても脳血管疾患や外科的な疾患により摂食・嚥下障害を発症してしまうこともあります。摂食・嚥下障害は訓練を行うことで、改善することが可能です。また、改善が困難な症例でも代償法や補助具を使用することで障害を補うことができます。患者さんが食べる楽しみを持ち続けるためには私たち医療者が急性期からアプローチしていくことがとても大切になります。
私は、患者さんに食べる楽しみを忘れずにいてほしいと思い、経口摂取への援助の手助けができればよいと感じ、摂食・嚥下障害看護認定看護師を取得しました。当院では、言語聴覚士(ST)が主となり摂食・嚥下障害の訓練を行っているため、今後は共に協力し合い患者さんの笑顔を増やしていけるよう頑張りたいです。
感染管理専従感染管理認定看護師清水 真介
当院は、急性期総合病院であり、先進医療及び地域との医療連携の充実を図っています。そのため、患者層は小児から高齢者までと幅広く、疾病は外傷、悪性腫瘍、生活習慣病などと多岐にわたります。医療技術の高度化に伴い、易感染患者さんは確実に増加しています。これら易感染患者さんを含む全ての人々を感染から守るために十分な院内感染対策を行うことが重要になります。
私は感染管理組織の一員として、職員教育などの感染管理プログラムを策定・実践し、また病院感染発生事例を分析・評価し、感染対策の改善に活かしていこうと考えています。そして、感染対策に関する基本姿勢を職員に周知し、医療の安全性を確保し患者さんに信頼される医療サービスを提供していくことを目的とし日々取り組んでいきたいと思います。
内科外来勤務 看護師長糖尿病看護認定看護師河井 智子
国民の5人に1人が糖尿病かその予備軍と言われ、糖尿病を持つ患者さんは増加の一途をたどっています。糖尿病は血糖値が高い状態が長く続く病気で、無治療状態が続くとさまざまな合併症を引き起こしてしまいます。合併症を予防、進行させないように食事や運動など、日頃の生活習慣を見直しながら薬を正しく取り入れることなどが大切になります。
私は、当院で糖尿病教育が開始された当時から糖尿病看護に携わってきました。2010年にはフットケア外来を立ち上げ、爪甲切除、角質除去に加え、足の観察方法、足の清潔や爪の切り方、正しい靴の選択方法といったセルフケア指導についてもおこなっています。患者さんとの関わりでは、患者さんの思いを引き出すことや、病気について分かりやすく伝えることで、生活習慣を見直すきっかけ作りができたらと思って関わっています。患者さんの中には自責の念が強く、ジレンマと葛藤している方もいます。糖尿病を持ちながら生活している患者さんの思いを知り、継続できる療養生活について一緒に考え、その人らしい生活が送れるような支援を提供していきたいと思います。
南館5階病棟勤務 看護主任皮膚・排泄ケア認定看護師林 佳美
褥瘡(床づれ)や皮膚のかぶれ、潰瘍などの創傷や、人工肛門、人工膀胱、失禁などの排泄に関する問題を持っている患者さんに、一人ひとりに合ったケア、処置をおこない、日常生活が向上できるようお手伝いをさせていただきます。 近年、入院期間の短縮や退院後は在宅へ帰られる患者さんが増えるなか、褥瘡が治る前に退院することに不安を抱いている患者さん、家族は多いと思います。少しでも不安を取り除き、安心して在宅で過ごせられるように、病院スタッフへの指導、教育をおこない、スタッフ一丸となってサポートできるよう努めていきたいと思います。また、人工肛門、人工膀胱を造設した患者さんは、今までの生活ができなくなるのではという絶望を感じている方が多いです。以前のような生活、仕事に戻れるよう排泄物が漏れない、皮膚のトラブルを発症しないような装具選択、ケア方法を提供していきたいと思います。 今後は地域の方々にも貢献できるよう、訪問看護ステーションや施設との連携をとっていきたいと思います。
がん性疼痛看護専従がん性疼痛看護認定看護師佐藤 真嗣
日本において、2人に1人ががんと診断され、3人に1人ががんで死亡しています。このことからもがんは死を連想させる非常に身近な病気と言えるかもしれません。しかしその一方で、最近では10年生存率が発表されたように、医療の進歩に伴い多くの方ががんを抱えて日常生活を送っています。このようにがんと一言で言っても、診断されたときから治療、再発、終末期とさまざまなステージがあります。患者さんはその過程でさまざまな問題や身体的な苦痛だけでなく心理的、社会的、霊的な痛みが生じていると思います。私はそれらの痛みに対して、少しでも力になりたいと思いこの道に進みました。現在は緩和ケアチームの専従看護師として、医師やコメディカルのスタッフと協力し合い最善の方法を検討している毎日です。がん性疼痛看護は身体的苦痛だけでなく、上記のようながんにまつわるさまざまな痛みについて考え、ケアにつなげていく分野です。患者さんだけでなくご家族の思い、うまく表現できない痛みを汲み取れるように関わっていきたいと思っています。
南館5階病棟勤務認知症看護認定看護師東谷 貴代
私は2人目の認知症看護認定看護師として活動しています。 当院が位置する名古屋市北区は高齢化率が27.6%(2015年)と全国の高齢化率を上回っており、入院患者さんも高齢の方や認知症を持ちながら急性期治療を受ける方が増え続けています。 入院環境は入院する前の環境に比べ、ベッドでの安静など制限が多く、さらには点滴や酸素・ドレーンのチューブなど普段の生活ではみることのない物が身体の周囲に取りつけられることで、認知症の方や高齢の患者さんは混乱をきたしやすい環境となっています。 私は病棟勤務をしているため、入院時の情報収集をおこなう際に細かく情報をとり、入院による環境の変化を減らし、患者さんの不安や緊張が少しでも和らぎ、よりよい環境で入院生活を送れるよう支援していきたいと考えています。
ページトップへ戻る